2012年06月27日

初夏の鞍馬・貴船ハイキング&川床

京阪電車2階建車両の上階は、初めてだった。
ホームがかなり低く見えて、不思議だったよ。

出町柳駅から叡山電鉄に乗る
IMG_1656.JPG

続きはここをクリック
posted by ゆぅしゃん at 22:57 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング・山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

本能的には…

最近、幼稚園や保育園に行っている子どもの気持ちに似たような感じだと思う。

仕事…
行ったら、人との会話も楽しいし得られることもある。
必ずしも拘束されているわけではない。
好きな本も読めるし、好きな物を好きな時に食べてもいいだろう。

だけど、朝…
家にいたいと思う。

行きたくないのよ、仕事に…。

もっと、のぉ~んびりすごしたい。

ただそれだけ…。

行ってしまったら楽しい時間を過ごしているんだけどな…。
でも、それは仕事に関る楽しい時間。
自分の考えたいように、したいようにできないから…
自由でいたい。
だから、自分の本能に従えば
幼稚園に行く時間に、泣いて母親から離れない子どもと同じだと思う。

大人だから、だだをこねず、決まった時間に出て行くんだけれどもね…。
でもなんで、多くの大人達は、ちゃんと同じ時間に出て、仕事に行けるんだろうか?
無理してるんじゃないの?
本当は…。

(前回に引き続き、ブログがちょっと疲れちゃったよムードになってるな?)

posted by ゆぅしゃん at 22:09 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

連休がしあわせだと言うこと

好きな時間に起きれる
時間に追われない
家事もゆっくりできる
眠りたい時に眠れる
それに…
家族と話しができる

平和な時間が流れている。
実家の母や妹や息子や娘との会話。

遠い未来に、今を振り返って
きっと懐かしく感じる。
だから、大事にしたい。

posted by ゆぅしゃん at 20:06 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 癒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

瞼のしこりを取った

もう、今日だと決めていた。
眼医者さんに行くのは…。
上瞼の真ん中に出来ていたしこりが、どうしても気になって
ぼっこり膨らんでいるのが、気持ち悪く
アイラインを引くにも、歪んでしまう。
それに、時々痛いような気がしていたし…。

続きはここをクリック
posted by ゆぅしゃん at 21:11 | 兵庫 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

読みました5:Moneyお金のルール38

20代のうちに知っておきたい お金のルール38 [単行本(ソフトカバー)] / 千田 琢哉 (著); 総合法令出版 (刊)

本屋さんで、立ち読みしていたら、何気に手にしたこの本が気になって
すぐに買ってしまいました。
外の雨にせかされたのだろうか…。

続きはここをクリック
posted by ゆぅしゃん at 20:34 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

読みました4:接遇道〜凛と際立つ女性となれ

接遇道 凛と際立つ女性となれ: 不思議なくらい心をつかむ「気づかい」の教科書 [単行本] / 平林 都 (著); 三笠書房 (刊)

参考になりますとも…。
けれども…
続きはここをクリック
posted by ゆぅしゃん at 21:39 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

読みました3『シュンタのぼくんち新聞』

シュンタの「ぼくんち新聞」

新沢としひこさんの先日6月3日に、神戸での保育講習会に参加し、この本を購入。
シンガーソングライターの新沢さんが、本を書かれたのは、他にも読んだことがあったし
どれもおもしろかったので、期待は外れないとは思っていましたが
これが、本当におもしろくて、家族の関わりや、登場人物それぞれの価値観が
日常で描かれていて、笑いの中にも考えることがたくさんでした。
小学生の視点で物事を見て、それをシンプルに伝えるられるのは
さすが子どもの世界に長年関っている新沢さんだからこそでしょう…と痛感。
新沢としひこさん著の『言葉少年』も挿絵が保手浜孝さんの版画ですが
この『シュンタの〜』も保手浜さん画です。
けれども、珍しい事に版画ではありません。
そんなところがまた、内容と微細にマッチしていて、今回も内容・挿絵ともに好きな本です。
posted by ゆぅしゃん at 18:21 | 兵庫 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

読みました:ファインマンさん最後の授業

著者は、ハリウッドで脚本家として活躍しているほどの人物で
物理の分野でも、カリフォルニア大学博士号を取得し、
ファインマンさんと同僚であったことで、その時の会話を執筆。
面白く書かれている。
ファインマンさんは、ノーベル物理学賞を受賞した有名な博士。
難しい物理の分野も出てくるのかと思っていたけれども
話題になった、スティーブ・ジョブズ伝記よりは
肩の力を抜いて読めた。
私のように、物理が全くわからなくても、この本はおもしろい。

文章を抜粋してもいいのかどうかはわからないけれども
気に入ったり、気になった言葉を一部掲載しておきます。



続きはここをクリック
posted by ゆぅしゃん at 22:44 | 兵庫 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright©ⓒⓒ