2011年05月08日

曽根の自家焙煎カフェ『のんびり』

阪急曽根駅から徒歩10分くらいのところを歩いていて見つけたカフェです。
コーヒー好きの私には、興味のあるところ…。

築100年は経っている民家を昨年カフェとしてオープンしたそうです。

non5.JPG  non3.JPG

non4.JPG  non1.JPG

中に入ると、コーヒーのいい香り。
さまざまなジャンルのLPレコードが置いていたので、ジャズをリクエストしました。
オーナーさんは、バイクをいじるのが好きだとかで
kawasakiのバイクが、敷地内に置かれていました。

「コーヒーは生鮮食品です」と熱く語られ、その意味は
豆は生きているので、炒ってから7日、挽いてから3日で飲まないと
鮮度が落ち、味も美味しい時を過ぎるらいです。
炒り方とドリップの仕方で、同じ豆でも何通りもの味が味わえるそうです。

コーヒードリッパーの穴の数によって、ドリップする速度が違い
濃度が変化するのです。
ひとつ穴のを持っていなかったので、買って帰りました。
それと、深煎りのイタリアンローストにしてもらった豆を100gと。

家で、手で挽いてドリップして飲むコーヒーは、おいしいるんるん

posted by ゆぅしゃん at 22:03 | 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | カフェ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright©