2013年08月04日

娘のカナダ留学

とうとうこの日が来た。
娘が1ヵ月間のカナダ留学に旅立った。
大学での応募で、昨年の夏から申し込みを計画していた。
懇談で話を聞いた時に、行かせたいと思っていた。
私が勧める1年後の話しに、本人は適当に返事をしていた感じだ。
「行き」「うん…」そんな会話だったような気がする。
あまり、その気は無いんだろうけど、ここで抵抗することもないし
と思わせるような態度だった。
だから今年の冬に応募の締め切り時までに、申し込みを自らしなかったくらいだ。
私が「行くと返事したよね」って、怒ってしまったから
こりゃ、本気で行かせる気だと思ったようで、
追加募集があった時には、仕方なく申し込んだようだ。

それでも、決まってしまえば、意識は高まり、何か特別な思いを持って
旅立ったと思う。
毎日のように会っていた彼氏とも、お互い会えない覚悟をし
今日、彼氏と妹(彼女の叔母)と私の3人が見守る中、手を振って行ってしまった。
まぁ、私に対しては手を振る気は無かっただろうけどね。
自分のことは、(私の)妹や自分の弟のLINEで確認して、みたいに言われた。
私は、LINEはやってないし、特に心配はしていないから頻繁に聞くことはないだろう。
旅行の用意に関しても、私は一切関わってはいない。
受験の時やその他のことでも、昔からずっとそうだったように
彼女が自分で用意し段取りし、ただ、今日と言う日がやってきた。
買い物など必要な物は、自分自身や彼氏と行ったようだ。
だから、見送りも本当は、ずっといて欲しく無かったと思うし、足として必要なこと
以外は、別に来なくてもいいとすら言っていたし。
でも、見送り後には、彼氏を駅まで送ることを理由に
私達3人は、飛行機が見えなくなるまで、デッキで見送った。
飛行機は、定刻より30分程遅れて飛んだ。
羽田経由なので、伊丹大阪空港からの離陸だ。
デッキは暑かったけれども、思っていたより沢山の人達がいた。

あまり、心配はしていない。
とにかく、無事に戻って来てくれることを願っている。
彼女にとって、実りある2013年の8月でありますよう。
 K0010004.JPG

(偶然ではありますが、彼女の従妹が中学生になって、この夏、カナダで1週間
過ごすことになったらしい。なんと!出発の日が今日で、宿泊するところも
歩いて10分程しか離れていないらしい。これには、驚いた。普段は、神戸にいるから、
カナダの方が近くにいることになる。彼女は関空発だったよう。)

今頃は、空の上か…。
posted by ゆぅしゃん at 23:48 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 子どものこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/371135780
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
Copyright©ⓒⓒ