2014年03月21日

宝塚学検定を受けました

宝塚で仕事をしているので、啓発の為と後学の為に、受けてみることにしました。
会場は、ソリオホールです。
そんなに広い会場を使う程、受ける人がいるのかなぁと思っていましたが
実際に足を運ぶと、予想しているよりも多くの人が受けに来ていて驚きました。
過去問やって、テキストとしての『宝塚まちかど学』をサッと読んだだけではわからない問題もありました。
合格点には達しているだろうけど、より高得点を狙うなら、しっかりとテキストとしての本を読みこまないといけないです。
それにしても、このテキスト本、訂正箇所が驚くほど多く、これだけのミスをそのままにして発行し、正規の値段で販売するとは、強気の宝塚。
(一般の書店では考えられないことです。)
受講料も3000円とちょっと高め。やはり、ここでも強気です。
しかも、初級、中級、上級、博士、と4段階あります。問題は同じだけど、合格点が違うのです。
年に1度の受験で、飛び級は許されません。
ここでも、重ねて言います。強気!!の宝塚!です。
それでも、受講する人多いんだからなぁ…。不思議だなぁ。

私としても、受けて良かったと思うのです。
意識するものや見えるものが違ってくるので、仕事をしている上でも、いろいろ役に立ちます。
宝塚まちかど学―宝塚学検定公式テキスト [新書] / 宝塚市文化振興財団 (編さん); 神戸新聞総合出版センター (刊)

【過去の関連ブログ】
宝塚学セミナーを受けてみました


posted by ゆぅしゃん at 20:46 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 宝塚市及びその周辺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright©
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。