2014年05月18日

阪急HKG:芦屋川〜ごろごろ岳・奥池〜苦楽園口(14km)

芦屋川の東を上る。
住宅街をしばらく歩くと、山道入口に。
K0010014.JPG K0010015.JPG
そこからは、しばらく沢をクロスしたりだとか、石道を上ったりだとかが続く。
K0010017.JPG
ただし、今回は、ファミリー対象だった為か、長い人間渋滞が発生し、途中で帰りたかった。
K0010016.JPG
しかし、進むも戻るも出来ないので、しばらくストレスに耐える。
子ども達が毛虫に騒ぐ声を列の前の方や後ろで聞きながら、休憩気分でぼちぼち一歩ずつ進むのを待つ。
(ここ↓に虫がいるよ。わかるかな)
K0010018.JPG
途中こんな風に↓根元から木が倒れていた。
K0010022.JPG
子どもの中には「まだ着かないのぉ〜?」「どれくら歩いた?」「しんどいよ〜」の声が聞こえてくるが、それでも、きっとゴールに着いたら嬉しいだろうと思うんだな。
がんばって登るからこそ、達成感があるのだよ。
お母さん、お父さんの方が息切れしている家族もいたな。
でも、きっと心のどこかで楽しい思い出になっているよ。

ごろごろ岳は、標高565.6mなんだなぁ。
K0010034.JPG K0010035.JPG

広い舗装道に出ると、奥池は近く、ゴールも目前。
K0010023.JPG
橋の下を覗くと、大きな鯉が何十匹も。
K0010025.JPG K0010024.JPG

K0010026.JPG

ゴール!
K0010027.JPG 

芦屋山まつり開催中。販売していた、かりんとう饅頭5個入り(250円)を買って、3つ頬張ってから、来たルートをひとり折り返すことに。
K0010032.JPG

大勢の人々の声が聞こえていた登りと違って、下りはえらく、ひっそりとしている。
歩き初めは、ギャップに心細さすら感じる。
「あれ?こんなに急で細い岩場を上がってきたかな?」
何度か振り返り、今降りて来た道を見上げた。
K0010036.JPG K0010037.JPG

K0010037.JPG K0010039.JPG
1本道だと思っていたのが、どうやら柿谷道出合いで、早くもルートを間違ったらしい。
結局、下山場所は、苦楽園の西宮北高校横辺りだった。
K0010041.JPG

かなり下ったバス道で、アシスト自転車に乗っている女の子に、少し離れたところから
「すみませーん。苦楽園口駅はこちらに行けばいいのですかぁ〜?」って声をかけてみたんだけど
自転車が近づいても、しらぁ〜とした感じで通り過ぎた。
近くを通った時見ると、白いイヤホンをしていた。
少し離れたところから尋ねた理由は、近くで声をかけられたらビックリするだろうかなと思った配慮なんだ。
もう、いいや。だいたいわかるし、他の人は教えてくれるだろう。
(一度無視されたら、次も無視されるのではないかと変に学習機能が働いたが…。)
下山後のアスファルト道は、山の中よりもかなり長く感じたよ。
行きと帰りで、違う道通ったのは、結果的に良しとしよう。
これからは、地図を必ず携帯しておこう。
阪急ハイキングの時はいつも、ルート掲載のありがたいチラシ地図に頼っているかなぁ。
posted by ゆぅしゃん at 21:03 | 兵庫 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ハイキング・山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Copyright©