2008年02月15日

行ってきましたイノダコーヒー本店

まさか、自分でもこんな早々に行くとは思っていませんでした が
何かに導かれるよう…でした。

行く前に、郵便局に寄りたかったのですが、地元の郵便局は混んでいたので、パス。


イノダコーヒー周辺の地図はgoogle mapでプリントアウトしたもの1枚だけ持って行きましたが、電車路線図なんて見ていなかったので、四条って書いてるから、多分そこで降りたらいいんだと思っていました。

特急に乗って、四条と言う駅がない。
どこで降りたらいいんだ?
わかんないから烏丸(からすま)で降りて、駅員さんに聞こう。
それから、乗り換えたり行ったり戻ったりしよう

駅員さんに尋ねると
地下鉄四条駅と阪急烏丸駅両方近くにあって四条烏丸と言うんだそう。
え?それ、地元の人だけじゃないの?

ま、でも…たまたま降りた駅で、合っていたようで、良かったぁ〜グッド(上向き矢印)

それから徒歩です。途中の六角堂に寄ってみました。
中は、柳の木におみくじを吊っていて、なんだかそれ自体がオブジェのようにバランスをとっていて不思議な美しさ。

080215_1235.jpg

それから東に進み…曲がったところに ありましたよ
イノダコーヒー本店

てっきり、大通りに面しているんだと思っていたのですが
閑静な住宅の中です。

080215_1242.jpg


案内のウエイターさんに
『お煙草は吸われますか?』
と聞かれ

「いいえ」と答えると


先日のYou Tubeで高田渡さんが入った部屋の方でした。

撮影されていた席が、すぐに目に飛び込みました。
そこにはスーツの男性がひとりで座っていました。

と、ちょうどその時、彼が席を立ちました。


信じられません。

全205席もある中で、高田渡さんが撮影で座られた席に座ることができたのですよ
別にわがまま言ってませんし、店の人を脅してません(^^ゞ
(3日前に知ったばかりの、この店のその席!)


隣の席には、スーツの似合う、落ち着いた紳士2人が座っていました。


080215_1259.jpg


私は、ミックスサンドとホットコーヒーを注文しました。
コーヒーは『アラビアの真珠』というお洒落な名前がついています。

080215_1307.jpg

1階の端席で、窓からは、中庭が見えます。
まっすぐに伸びた木が印象的なので、ウエイターさんに名前を尋ねるとドラセナだと教えてくれました。

080215_1348.jpg


高田渡さんのことはわからないけれども
何だか、ものすごく近い感じがして
その場所や空気を堪能したくなりました。

静かに座ってコーヒーを飲んでいるうちに
高田さんのことを前から知っていたような錯覚に陥ります。


お隣の席は、入れ替わり、今度は親子三代、おばあちゃん、お母さん、娘さんが座りました。
ちょうど、受験を終えたようで、ほっとして来られたのでしょう。
おばあちゃんやお母さんは、娘に人生の先輩らしく、いろいろ考え方を教えていました。

3組目は、上品そうな感じの女性二人。
手話で話をしていました。

そうこうしながら90分以上経ったようです。

何もせずに時間が流れることに
焦りを感じず、それどころか
ずっとこのまま、居続けたいと感じる
とても不思議な空間でした。

   *

帰りは京都府文化博物館の前を通ると

京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究課 デザイン科学専攻の
学生達による
終了制作展をしていたので
入ってみることに。

アートとかクリエイトとか…人の頭脳と人の手が
こんなものをつくりあげるんだ…と感動。


その後、京都のゆうちょが厳かに建っていたので、入ってみたいなぁって思うのです。

exclamation そう言えば、行く途中の郵便局パスしたんだった!
そう思って中に入ろうと入り口に立つと自動扉。
コンビニなどにありがちな両開きではない。
入口と出口が別々で、という感じの、建物に合わせた格子のデザインです。
中は、広くて天井が高く古風です。


黒とオレンジをベースにした制服は落ち着いた感じで
ネクタイも同色の黒とオレンジベース。

   *

町並みや建物が美しい。
マクドナルドも古風な外観です。

いいなぁ〜京都

   *

今日は、ほんとに素敵な日でした。
夢の中で行動している…そんな感じでした。

動くことで
付随する他の予定も消化できたし
行動すれば、何かに気づく

ということにも気づきました。

posted by ゆぅしゃん at 23:43 | 兵庫 🌁 | Comment(0) | カフェ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright©