2008年04月06日

檜のまな板

今、ドキュメンタリー映画『with…』(リンクはpdfでちらし)の活動を共にやっている

いたみまちづくり会議のメンバーのひとり

Oさんが

「ゆぅしゃん、まな板鍋しきを作ったろ」と言って
倉庫の上の方から檜を取り出して、ノコギリでカットしてくれました。


PHOTO010.jpg

カットした後は、かんなとやすりをかけてくれます。
PHOTO011.jpg

趣味で、木を切って積み木や棚などをつくったり
伊丹郷町関連のあんどんは、100個ほど作ったとのこと。

すごいなぁ〜。



posted by ゆぅしゃん at 21:08 | 兵庫 | Comment(2) | 伊丹の人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よろしおましたなぁ〜。
ほんに「O」さんはお上手ですね。
失礼ながら体型に似合わず(ごめん)・・・器用なお方です。
「O」さんも映画をあちこちでPRされています。
私は都合があわず行けませんが、成功を祈っています。
Posted by fusabon at 2008年04月07日 11:54
はい、檜のいい匂いがしています。
映画の活動励まし、ありがとうございます♪♪
Posted by ☆ゆぅしゃん at 2008年04月07日 13:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright©
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。